カードローン・キャッシングで知っておきたい用語

カードローンやキャッシングの用語を知っておくことは、プロミスを使いこなすための第一歩です。
ちょっとした用語を知っているだけでも、借りることに対する意識が変わるので一読しておくことをおすすめします。

 

 

知りたい用語がある場合には、頭文字をクリック!


 

掲載している用語一覧

 

あ行

アドオン金利

アドオン方式の計算方法で使用される金利のこと。アドオン方式とは、貸付金額に金利を掛けて利息額を算出し、貸付金額にその利息額を加えて返済回数で割り、1回の返済額を決める計算方式のこと。たとえば10万円をアドオン金利10%で借りると利息は1万円になる。これに元金の10万円を足して10回で割ると1回の返済額は1万1000円になる。アドオン金利を使用したアドオン方式では、返済するにつれて元金が少なくなっても、最初の元金を基準に利息を計算するため、実質年率で計算した場合よりも返済総額が多くなることが多い。法律では実質年率を表示するように決められている。

 

一括完済

残っている元金と返済日までの利息を一括して返済すること。

 

か行

貸金業者

貸金業法に則り、内閣総理大臣または都道府県知事に届け出をして消費者や事業者に対して融資を行う業者のこと。消費者金融やクレジットカード会社などが貸金業者に当たる。

 

貸金業者登録番号

貸金業者が財務局又は都道府県から交付される番号のこと。貸金業者登録番号は東京都知事(6)第*****号、近畿財務局長(8)のような番号。()内の数字は登録回数を表す。登録は3年ごとに行われるため(8)であれば貸金業者としての営業が21年以上24年未満であることがわかる。貸金業者登録番号のない業者は違法業者いわゆる闇金である。登録業者は金融庁の「登録貸金業者情報検索サービス」で確認できる。

 

貸付条件

貸付条件とは融資の契約を締結する際の条件のこと。貸付利率、返済方式、返済期間、返済回数など。これらの項目は貸金業者の広告にも記載するよう、貸金業法によって義務づけられている。

 

借入残高

借入残高は現時点で借り入れている金額のこと。元金のみで利息は含まない。

 

貸金業規制法

貸金業規制法とは、現在施行されている貸金業法の旧称である「貸金業の規制等に関する法律」の略称。消費者金融やクレジット会社などの貸金業者を規制し適切な運営を確保する事を目的として作られた法律。

 

貸金業協会

貸金業協会は貸金業界の自主規制機関。貸金業法や国の監督指針を踏まえて、過剰貸付け防止、広告・勧誘、取立て行為等に関して基本規則を定め、協会員の指導を行っている。

 

貸付金利

貸付金利は、元本に対する利息の割合を%で表示したもの。少なくとも小数点第一位まで表示することが義務付けられている。

 

元金均等返済

元金均等返済とは毎月の返済額のうち、元金の額が一定である返済方式。元利均等返済に比べると当初の返済額は高いが、元金の減少は早い。

元利均等返済

元利均等返済は返済額が毎月一定である返済方式。元金均等返済と比較すると当初の返済額が少ない。毎月の返済額が変わらないので返済計画が立てやすい。元金均等返済よりも支払う利息は多くなる。

 

貸金業務取扱主任者

「貸金業務取扱主任者資格試験」に合格し、登録を完了した者のこと。国家資格である。貸金業者は法令で定められている数の貸金業務取扱主任者を各事務所又は各営業所に置かなければならない。

 

元金

借り入れた金額を元金という。

 

完済

借入金と利息をすべて返済し終えること。

借入金額スライドリボルビング

借入金額スライドリボルビングは残高に応じて毎月の返済金額が変動していく支払方法。残高スライドリボルビングとも呼ばれる。

 

カードローン

現金自動支払機やATMでカードを使用して現金を引き出し借入ができるローンのこと。無担保ローンであり、限度額の範囲内であれば何回でも借りることができる。カードローンは教育ローンや自動車ローンなど他のローンに比べると審査は早いが金利が高い。

 

キャッシング

キャッシングとは、クレジッドカードやローンカードを利用して、ATMやCDでお金を引き出し借入ができるサービスのこと。

 

金融事故情報

個人信用情報機関に登録されている、個人の与信に不利な影響を及ぼす情報のこと。金融事故情報には債務整理や延滞などの情報が含まれる。

 

繰り上げ返済

毎月の約定日以外に余分に返済すること。繰り上げ返済をすると支払う利息負担を軽減できる。

 

金利

元本に対する利率のこと。消費者金融の上限金利は利息制限法、貸金業法によって実質年率20.0%と決められている。

 

限度額

カードローンにおいては、借り入れができる上限の金額を指す。限度額の範囲内で繰り返し借り入れができる。

 

個人信用情報機関

信用情報の収集や管理、提供、開示を行う。ローンやクレジットカードの申し込み、契約をする際には、申し込み者の信用情報が信用情報機関に登録される。指定信用情報機関はJICC、CIC、全国銀行個人信用情報センター。信用情報機関には契約日、契約の種類、残債額、異動(延滞・保証履行・破産)の有無等も登録される。審査に不利になる情報が登録されている場合、俗に「ブラックリストに載っている」と表現される。

 

 

さ行

債権

相手方に対して金銭や物などの給付を請求することができる法定権利のこと。債権には時効がある。

 

債務

ある特定の人に対し金銭や物などの給付をする義務のこと。消費者金融等から借入をした場合、借入をした人は債務者と呼ばれる。

 

自動契約機

自分で操作、手続きをしてカードローンの契約ができる機械。自動契約機の操作の途中で必要が生じれば専用の電話でオペレータと直接話ができる。

 

消費者金融

個人に対して小口融資をする貸金業者のこと。消費者金融は貸金業法に基づいて営業しなければならない。

 

消費者ローン

消費者ローンは銀行その他の金融機関や消費者金融が個人対して行う小口融資のこと。

 

事業者ローン

事業者を対象にした融資のこと。個人事業者に対する貸付けは総量規制の例外であるため、事業者ローンでは年収の3分の1を超える額でも融資が可能。

 

商工ローン

ノンバンクによる個人事業主や法人向けのローンを商工ローンという。

出資法

出資法の正式名称は「出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律」である。平成22年6月18日以降、出資法の上限金利は29.2%からが20%に引き下げられた。

 

実質年率

支払利息に印紙代や手数料も加えてその額を年率で換算した金利のこと。金利は月利や日歩、またアドオン金利ではなく実質年率で表示しなければならないことになっている。

 

総量規制

貸金業法で定め有れている規制で、貸金業者は消費者の年収の3分のまでの金額しか融資できないというもの。総量規制には除外と例外があり、例外には配偶者貸付、個人事業者に対する貸付、顧客に一方的に有利になる借換えが含まれる。

 

在籍確認

ローンの申し込み書に記載した勤務先に消費者金融や金融機関が電話をかけて、本人が実際に勤務しているかどうかを確認すること。

 

 

た行

担保

債務者が返済をしない場合に備えて、債権者が債務者から提供を受ける財のこと。返済ができなくなった場合、債務者は予め設定された担保によって債務の弁済を行う。

遅延損害金

遅延損害金は約定日までに返済を行わなかった場合に債務者が債権者に対して支払う金銭のこと。

 

 

な行

日本貸金業協会

日本貸金業協会は貸金業界の自主規制機関。資金業法や国の監督指針に基づき基本規則を定めている。基本規則には広告、勧誘に関するもの、取り立てに関するもの、過剰貸し付け防止に関するものなどがある。基本規則により会員である貸金業者の指導を徹底している。

 

日本信用情報機構

日本信用情報機構は指定信用情報機関の1つで、信用情報収集した信用情報を管理、提供、開示している。略称はJICC。消費者金融会社、信販会社、カード会社、保証会社、リース会社、金融機関などが会員になっている。JICCは、会員会社からの照会があると、その費者の信用情報を提供し、会員会社はその情報に基づき与信判断を行う。

 

 

は行

ビジネスローン

自営業や個人事業主、法人を対象に事業資金を融資するローンのこと。事業者ローンとも呼ばれる。

 

複利

単利が元本だけに利息が付くのに対し、複利は元本と利息を合わせた額に利息が付く。そのため単利よりも返済総額が多くなる。カードローンは単利なので元本のみに利息が付くが、返済の遅延があると元本と利息の合計に対して利息が付く複利になる。さらに遅延損害金も発生するため返済負担が大きくなる。

 

フリーローン

フリーローンは使途が自由なローンのこと。ただし、契約には金額等がわかる契約書、請求書、契約書、注文書等使途を証明できる書類が必要になる。投機性資金や事業性資金には使えない。有担保型と無担保型がある。消費者金融のローンをフリーローンと呼ぶこともある。消費者金融のフリーローンは使途が自由で使途を証明する書類の提出は不要。

 

本人確認書類

本人であることを確認するための書類。運転免許証、各種保険証、パスポートなど。

 

保証人

債務者が返済できなくなった場合に代わりに返済の義務を負う人。ただし、連帯保証人とは異なり、貸金業等が保証人に返済を求めてきても、まず主たる債務者に請求するよう指示できる(催告の抗弁)。また、主たる債務者が資力があるにもかかわらず返済しない場合には、主たる債務者の財産に関し強制執行するように指示できる(検索の抗弁)。複数の保証人がいる場合は返済金額を人数で割った金額だけの返済額になる。

 

ま行

無担保貸付

担保の設定しないで貸し付けをすること。カードローンは無担保貸付である。

 

無利息

借入の際、利息が発生しない事。消費者金融では30日間など一定期間利息が付かないというサービスを行っているところがある。無利息期間内に完済すれば利息は0円である。

 

無人契約機

店舗窓口がない場所に設置されている、自分で操作して申し込みから契約までできる機械のこと。無人契約機で契約手続きをする場合は予め本人確認書類等の必要勝利を持参する必要がある。

 

無人店舗

自動契約機だけが設置されており窓口がない店舗を無人店舗と呼ぶ。

 

目的ローン

目的ローンは使途が特定されているローン。カードローンは使途は自由だが、目的ローンは旅行や資格取得など定められた目的のみに利用できる。使途を証明する書類の提出が必要。

 

 

や行

約定日

債権者と債務者の間で交わされた契約の中で決められている、毎月の債務の返済日のこと。

 

約定返済

約定返済はローン契約において、債権者と債務者があらかじめ合意した返済予定のこと。

 

約定金利

貸主と借主の間の契約により定められる金利のことを約定金利という。

 

ヤミ金融

貸金業者としての登録をせずに貸金業を営んでいる業者。登録していても違法な営業をしている業者もヤミ金融とみなされる。

 

有人店舗

有人店舗は店頭窓口がある店舗。

 

融資

融資とは資金を融通して貸すこと。

 

与信

与信とは信用を供与すること。キャッシングでは返済能力や返済資質が審査され、返済見込みがあり信用ができる相手だと判断されると借り入れが可能になる。消費者金融から借りる場合には保証人を立てる必要はない。返済が不能になった場合、保証会社が代わりに返済を行い、債務者は保証会社に返済する。