プロミスの収入証明書の提出について

プロミスの収入証明書についてチェックしましょう

 

プロミスの利用にあたり、収入証明書が必要になるケースについて深掘りして説明するページです。実は、プロミスの契約後に一定期間を経過すると再提出が必要になるのです。

 

ある日突然、収入証明書の提出を求められて「限度額が減額」「借入ができない」そんなことにならないように、プロミスの収入証明書の提出についてしっかり覚えておきましょう。

 

 

収入証明書が必要になる借入額はいくら?

プロミスで借りる時に、収入証明書が必要になる金額ですが、次のケースです。

 


収入証明が必要になる状況

 

  • 借入時に利用限度額の希望が50万円を越える場合
  • 借入時に他社貸金業者の借入の合計が100万円を越える場合

 

 

50万円、100万という2つの単位がでてきました。
50万円というのは、プロミスでの自分の希望額なので何の疑問もないと思いますが、「他社貸金業者の借入の合計が100万円」というのはちょっと分かりにくいですよね。
この部分を分かりやすく説明していきます。

 

 

他社貸金業者の借入とは?

他社貸金業者の借入というのは、簡単に言うと、プロミスのような消費者金融でお金をいくら借りているかです。

 

ちょっとややこしいのですが、銀行のカードローンで借りている金額はここには含まれません。(銀行のカードローンは、貸金業法の総量規制の対象外だから)

 

プロミスの申込画面の途中にも

※クレジットカードでのショッピング、銀行カードローン、住宅ローン、自動車ローンなどはお借入れに含まれません。

という記載があります。銀行カードローンは対象とならないこと、住宅ローン、自動車ローンも含まれないとハッキリ書いてくれてますね。

 

ただ、クレジットカードのショッピング残高は「割賦販売法」というものにあたり、これは他社借入には含まれないのですが、クレジットカードのキャッシング残高は、「貸金業法」の対象で他社貸金業者の借入に含まれます。
この部分は注意が必要です。

 

 

収入証明書の再提出

「プロミスの審査に通ったら、無職になてもずっと借りられる・・・」なんて思う人がいるかはわかりませんが、実は、収入証明書は再提出が必要になる時期がきます。

 

ご提出いただいた収入証明書類の発行日から、3年以上が経過した方
プロミスのご利用限度額が50万円を超える方
プロミスのご利用限度額と他の貸金業者からのお借入の合計が100万円を超える方

 

プロミス公式サイトより引用

 

収入証明書の提出は、イコール、利用限度額の再審査だと思っておくのがいいと思います。

 

年収が下がってしまった場合、状況によっては、利用限度額が減額されることもあります。
ただ、限度額に関しては、利用実績との兼ね合いもあると思うので、絶対に下がるとは言い切れませんが可能性の話として、頭に片隅においておいて下さい。

 

それから、収入証明の再提出は法令に基づいてのことです。
プロミスを使い始めると忘れがちになることで、「プロミスから再提出を求められてた(怒)」と怒っても仕方ないことなんです。収入書類の提出は貸金業法でで定められていることなので、再提出は必須ですよ。

 

 

提出方法

 

プロミスへの収入証明書類の提出について説明します。
PCからのアップロードや、メール、スマホアプリ、FAX、郵送、来店など手段はいろいろ選べます。よくわからない場合は、プロミスコールに電話すると教えてもらえます。

 

0120-24-0365

 

プロミスコールは私も何度か電話していますが、本当に丁寧に答えてくれるので、悩みより電話してみるのがおすすめです。インターネットやスマホに慣れている方は、各種手続きは、会員ページにログインしても行うことができますよ。これから、時間に縛られずに対応できます。

 

収入書類で使えるもの

 


収入証明書類

 

最新の源泉徴収票か、確定申告書
税額通知書・所得(課税)証明書

 

源泉徴収票が手元にない場合は、直近2ヶ月分の給与明細書(賞与がある場合は1年分の賞与明細書)が代わりで使えます。

 

 

「源泉徴収票がどこかに行ってしまった(汗)」という人は、お勤め先の総務か経理の部署に頼むと再発行してもらえます。源泉徴収票は、年一度きりしか発行できないというものではないですよ。
「借入がバレるんじゃ」と不安になる人がいるかもですが、以前、会社の経理をやってたんですね、私。実際、源泉徴収票の再発行は何回もやってましたが、消費者金融で借りるのか、マイカーローンで借りるのかなんて判断がつきません(笑)
だから、安心して再発行してもらって下さい。

 

 

まとめ

プロミスで収入証明書の提出が必要になるのは、お申込みをして借入するときに、借入希望金額が50万円を超える場合、他社貸金業者の借入と合計が100万円を超える場合です。
また、審査に通って契約した後でも、収入証明書類の発行日から、3年以上が経過したら再提出が必要になります。

 

初回申し込み時に、どうしても収入証明書を出したくない場合は、プロミスでの借入金額を50万円以下にしつつ、なおかつ、他社貸金業者の借入と合計が100万円を超えないようにすることです。