信用情報と信用情報機関の基礎知識

 

信用情報と信用情報機関を説明します

 

まず、信用情報は、ローン等の還付販売等を利用する顧客(債務者)返済・支払い能力に関する情報を言います。個人信用情報とも表現されます。プロミスとかで審査が不安になるのはこの信用情報が不安ということになりますね。

 

個人情報を収集と提供してるのが、信用情報機関です。
主に、銀行・消費者金融・信販会社などが加盟会員となり、個人向け貸付けを行う貸金業者は、必ず指定信用情報機関に加入をしなければなりません。また、指定信用情報機関の保有する信用情報を使用することが義務化されています。

 

 

信用情報機関と金融機関、消費者との関係

下記の図で、「消費者」というのが、プロミスなどに借入れの申し込みをする一個人です。
金融機関は、申し込みを受けると信用情報機関にその情報を照会してその結果をもとに申し込みうけるかどうかを決めているわけです。

 

 

また、延滞などの状況が生じたときには、その情報も信用情報機関に登録されて一定期間保存される仕組みになっています。

 

プロミス信用情報が気になったり、プロミスでこれからお金を借りようとしている人は、合わせてトップページのガイドを読んで理解を深めて下さい。
【関連記事】 プロミス審査・申込方法ガイド

 

 

信用情報機関の3つの種類

 

金融機関は銀行、消費者金融、信販会社と3つに分類され、信用情報機関への加盟は業態によって異なっています。信用情報機関も3つの機関に分けられ以下のようになります。

 

株式会社 日本信用情報機構(JICC)

主に会員となっている金融機関:消費者金融と信販会社
日本信用情報機構(JICC)は、平成22年3月から内閣総理大臣から貸金業法に基づく指定信用情報機関とされている信用情報機関です。

 

株式会社 シー・アイ・シー(CIC)

主に会員となっている金融機関:消費者金融と信販会社
シー・アイ・シー(CIC)の特長は、クレジット会社の共同出資により設立されているので、信販会社など、割賦販売を取り扱う企業が会員として多い傾向があります。

 

全国銀行個人信用情報センター(JBA)

主に会員となっている金融機関:銀行とその関連の子会社
銀行に関連する企業が信用情報を紹介する機関。
一般社団法人全国銀行協会が設置、運営していて、全銀協といわれることもあります。注意したいのが、銀行だけが会員ではなくてその子会社なども会員となっています。

 

 

信用情報は信用情報機関の枠を超えて共有されている

 

業態によって会員になる機関が異なっているので、「銀行からの融資を断られたとしても信販会社では借入れが可能だった!」ということも過去にはありましたが、近年複数の信用情報機関の会員になっている金融機関がほとんどですし、「CRIN」という仕込みを介して信用情報が開示されています。

 

CRIN(クリン)の仕組み

 クリンの仕組み

 

どんな情報が登録されているの?

それでは、具体的に、どんな情報が登録されて、審査に影響を与えているのでしょうか?少し具体的に見ていきましょう。

 

個人情報

個人情報というのは、本人を特定するための情報です。
氏名・生年月日・自宅住所/電話番号・勤務先名/住所/電話番号 などです。

 

借入情報

借入情報というのは、登録される利用者の借入情報です。キャッシングやローンの状況などはもちろんですが、クレジットカードの利用状況も含まれます。
契約商品情報(契約先名称とその利用限度額など)
契約日・借入金額・支払形態・返済回数・支払残高・次回返済日 などです。

 

事故情報

事故情報というのは、異動情報とも呼ばれますが、
長期延滞(主に3ヵ月以上)
債権回収・債務整理・保証履行・強制解約・破産申立・債権譲渡 など
ここに情報が載るとキャシングやローンの審査が厳しくなるといわれる部分です。

 

ブラックリストのポイント

【関連記事】 金融ブラックの条件

 

 

自分の信用情報が不安なら?

自分の信用情報がどうなっているか不安な場合は、各信用情報機関の「本人開示制度」により、手続をすれば情報を確認することが可能です。

 

開示制度の利用の仕方

開示制度の利用の仕方は、各信用情報機関によって異なります。
JICC、CIC、JBAの開示ですが、直接機関に行く方法や郵送、パソコンやスマートフォンで閲覧することも可能です。手続きの内容により費用も変わってきますから各信用情報機関の公式サイトで詳細情報を確認してください。

 

 

開示方法の他に受付時間や手数料等も異なるのでよく確認して情報の開示を行ってください。
上記の方法は「開示する情報が本人のものである場合」です。開示情報する個人が死亡している場合などは異なります。

 

まとめ

 

信用情報を保存している信用情報機関には、株式会社 日本信用情報機構(JICC)、株式会社 シー・アイ・シー(CIC)、シー・アイ・シー(CIC)があります。
銀行、消費者金融、信販会社で加盟している信用情報機関は異なりますが、情報は「CRIN」という仕込みで共有されています。

 

信用情報の保存期間はそれぞれ異なりますが、自分の信用情報が不安な場合は、「本人開示制度」を使って開示請求されば教えてもらえます。