お金が借りられない!金融ブラックとは?

「金融ブラック」って分かるようでわからない言葉ですよね?
一般的には、金融ブラックというのは、金融機関のブラックリストにのっていることを指しています。ですが、そもそも、「ブラックリストって何?」とうのもあいまいなところです。

 

金融ブラックやブラックリストのことがわからないと融資を受けるときに漠然と不安になってよくありません。そんな不安を解消しませんか?
ここでは、「金融ブラック」と「ブラックリスト」について説明していきます。

 

ブラックリストはどんなもの?本当にリストがあるの?

 

ブラックリスト

 

「ブラックリスト」というリストは存在しません。
ですから、銀行や消費者金融、信販会社が「この人は返済ができない人だから注意です!」「この人は債務整理の経歴があります!」なんていう金融商品でトラブルのあった人の金融業界共通のリストを作っているわけではないのです。

 

ただし、「ブラックリスト」が存在していないだけで、一定期間返済が滞ったり、破産が生じた場合はその情報が信用情報機関に登録されます。
その情報のことを「事故情報(異動情報や延滞情報,ネガティブ情報ともいいます)」といい、通称「ブラック情報」と呼び、これが俗的に「ブラックリスト」と広く言われるようになったのす。この状態が金融ブラックです。

 

では、金融機関がどのように個人の信用情報を入手しているのかというと、信用情報機関に登録されている信用情報を参照しています。
信用情報に支払いの遅延や債務整理等の事故情報があると、融資を行わなかったり、限度額の引き下げなどの処置をとっているのです。

 

金融ブラックの条件

 

信用情報機関に事故登録をされると、いわゆる「ブラック」になります。
この事故登録される条件は以下のようになっています。

 

・約定返済日より一定期間(約2〜3ヶ月)返済が遅れたり、3回以上延滞した場合
・民事再生、自己破産、任意整理などの手続をした場合
・契約者が返済不能に陥ったことにより、連帯保証人等からの弁済に切り替わった場合

 

この中で、気をつけたいのが「延滞」です。
ちょっと遅れたくらいなら…と思っているうちに、金融ブラックになっている人もいます。

 

例えば、お金が苦しくなるとつい支払いが遅れてしまう税金。
税金の滞納は原則、信用情報機関には登録されませんが税金をクレジット会社を通して支払いしている場合で入金漏れなどで延滞してしまった際には(クレジットカードの未払で)延滞の記録がつきます。ご注意ください。

 

どれくらいの期間金融ブラックの情報は残る?

 

「事故情報」は信用情報機関ごとに登録され、金融ブラックになってしまった場合、各事故情報ごとに登録年数が異なります。

 

自己破産 7年〜10年間
個人再生 5年間
任意整理 5年間
特定調停 5年間
過払い金請求 5年間

支払い遅延
(予定日より3ヶ月の遅れ)

5年間

 

 

信用情報をどこまで重く見るかは、金融機関によって異なりますが、上記の期間はどの金融機関でも借入が難しく、審査に落ちる傾向がでてきます。
またこれらの情報は登録期間が過ぎるまではどのようなことをしても消すことができません。近年「事故情報を消す」という嘘をいい高い報酬を取るという商法もありますので注意してください。

 

ただし、まれに、同姓同名で間違った登録をされ事故登録されてしまうことがあります。その場合は、然るべき手続きを行えば変更は可能ですので安心してくださいね。

 

ブラックでもキャッシングの新規申し込みはできる?

融資不可

金融ブラックでも物理的に新規申し込みはできます。ですが、審査に落ちてしまうことがほとんどでしょう。
審査落ちを繰り返していると、今度は申し込みブラックになってしまうので要注意です。

 

どのような手段をつかっても、金融ブラックの情報は消すことができません。ですから、一定期間が終わるまではそのときが過ぎるのを待ちましょう。