プロミスで1000円単位でキャッシングする方法

 

プロミスで1000円単位

 

プロミスは、1000円単位でキャッシングができるとても便利なカードローンです。

 

ですが、1000円単位で借入できるATMが限られているのを知っていますか?

 

実は、どのATMからでも1000円単位で借りられるわけではないのです。
「1000円単位で使えなくても1万円借りてしまった・・・」なんてことがないように、1000円単位でキャッシングできる場所をしっかり覚えておきましょう。

 

1000円単位で引き出せるのはどこ?

プロミスのカードで1000円単位に対応しているのは、プロミスATMと三井住友銀行のATMの2つになります。

 

プロミスのATMも悪くはないのですが、やっぱりプロミスで借りてる感が漂いますよね^^;

 

個人的には、三井住友銀行のATMが営業時間も長いしおすすめです!

 

注意点としては、三井住友銀行のATMコーナーは営業時間に地域差があります。駅の近くなど利用頻度が多い場所のATMコーナーがいつまで開いているかを確認しておくのがおすすめです。

 

ATMの手数料と営業時間について

  プロミスATM 三井住友銀行ATM
営業時間 7:00〜24:00(※) 24時間(※)
手数料 0円 0円

 

プロミスATMと三井住友銀行ATMなら、お金を借りるときも返す時も手数料は0円になります。
ちょっとしたことでも、積み重なると大きな金額になるので、気を使いたいところです。

 

※毎週月曜日の0時から7時まではすべてのATMでメンテナンスを行います。よってご利用いただけません。
三井住友銀行ATMは基本的には24時時間営業していますが、あくまで銀行のATMコーナーが空いていたら・・・ということになります。

 

 

1000円単位以外の借り方

プロミスの1000円単位での借り方はお分かりいただけたと思いますが、プロミスATMと三井住友銀行ATM以外の提携ATMだとどんな借り方ができるのが復習しておきましょう。
あらためて、プロミスの借入単位と返済単位をまとめておくと、

 

1000円単位で借りられるのは、「プロミスATM」と「三井住友銀行ATM」です。
他のは「万単位」です。

 

ちなみに、返済は全て1000円単位で行えます。

※完済のときの端数の金額は別の支払い方法になるので注意です。事前に確認しましょう。

 

手数料には注意しましょう!

 

プロミスATMと、三井住友銀行ATMなら、お金を借りる時に手数料がかからないのでしいのですが、そのほかのATMでは、お金を借りられるものの手数料がかかります。
手数料は、1万以下の場合は108円、1万円超の場合は216円です。

 

借入単位が万単位だと、216円かかるわけですね。
コンビニの提携ATMで借りるのは本当に便利なのですが、この手数料はばかになりませんよね。

 

お金を借り過ぎないように少額をこまめに借りるのは悪いことではないのですが、借り方によっては手数料の負担が大きくなります。

 

私個人としては、手数料が無料のATMの場所と営業時間をしっかりおさえておくことを徹底しています。これだけのことで、お金のやりくりが損しないでできるのでおすすめですよ。